展示会場におけるライティングデザイン

subpage1

商品のコンセプトに合わせて展示会場のフロアのライティングを効果的にデザインすることがあります。

展示会装飾情報があります。

その場合には明るさのメリハリを主張したい部分がどこにあるか、そしてそのスポットをあてた部分でもどこを特にみてほしいかをデザイナーによく伝えて理解してもらいます。
特に最も大切な商品に関しては、その細部にわたるまでわかりやすいことを主眼に置きます。
そのことをライティングデザインで達成させます。

光は通常ひとつの方向からあてると強い陰影が現れ、その商品に対して劇的な強いイメージを抱かせます。
衝撃的なデビューだということをそのような光をあてることで印象付ける効果があります。

光の角度も効果を最大発揮させるためには大切です。

ただし商品の形状や大きさによっては、狙いの効果を出すには技術が必要になる場合がありますから、デザイナーとの入念な打ち合わせが必要です。

あなたの期待に応えるgoo ニュースについての知識を高めてもらうためのサイトです。

逆にやわらかで優しいイメージを与えたい場合には、陰影がはっきりしないようにライティングを行います。

1方向だけでは難しい場合には、多方向から強い影が出ないようにする工夫も必要になります。



一般的に展示会用のライトは光の照射の広がりの角度や方向を変えられますから、依頼主はこのように商品を際立たせてほしいと要望を出します。
するとデザイナーがそれにふさわしいライトやライティングをデザインして必要な機材を準備します。その場合にも何度も試行を繰り返し、最大限の効果が得られるようにします。


このように同じ商品でもライティングひとつでその持つイメージは変わります。
したがって数日間に及ぶ展示会の場合には、常にその状態が維持できているかどうかのチェックして見回り、ライトの予備などの準備について怠りないようにします。

展示の補足説明

subpage2

展示会とは、絵画や彫刻、写真、また、企業の新商品などを展示する会です。こうした展示会には多くのお客さんがきます。...

next

驚く情報

subpage3

企業の宣伝につながる展示会は、斬新かつ人々を引き付けるデザインが基本となります。自社の株を上げることができるエピソードに応じて、さまざまな取り組みを継続していけば、世の中へ一石を投じる内容が見えてきます。...

next

大人の常識

subpage4

模擬店などのブースで、写真や記事などの展示会を開催するには、壁のデザインの工夫が大切です。あまり、派手すぎるデザインの壁だと、長くいて疲れるという人もいるので、明るい色と暗い色を巧みに組み合わせた配色にする必要があります。...

next

展示関係の真実

subpage5

展示会とはどんなものでしょうか。人と人を商品やサービスを介して結び付ける場所が展示会ブースです。...

next